通信制高校 転入

転入と編入の違い

 

まず初めに、

 

多くの通信制高校では、門戸を開いて転入・編入を受け入れています。

 

なので、

 

現在通っている高校が自分に合わない・・・
今の学校の授業についていけない・・・
学校での人間関係に疲れた・・・
仕事をしながら勉強を続けたい・・・

 

など学校生活で悩んでいるなら、一度真剣に転入・編入を考えてみてください。

 

ここで転入編入の違いについて、おさらいしておきます。

 

転入とは、現在在籍している学校から他の学校に籍を移すことです。
休学中に移籍しても、原則的に転入扱いとなります。

 

一方編入とは、一旦学校を退学して新たな学校に入学することを言います。
この場合、入学時期によって卒業する時期が変わります。

 

転入は高校の籍を移すことなので、それまで取得した単位をそのまま移行できます。
ただし、学年の途中で転入するなどで、単位を完全に履修していない場合は移行できない可能性があるので注意が必要です。

 

全日制高校から通信制高校に編入する場合も、通信制高校は原則単位制なので、以前在籍していた高校で修得した単位を生かすことができます。
しかし、従前の高校を「どの時期に辞めたか」によって認められる単位が異なるため、事前に以前在籍した高校へ確認しておくとよいでしょう。

 

仮に、学年制から学年制の学校に編入する場合は、例えば1年生の途中で中退したのであれば、1年生の始めからもう一度やり直さなければなりません。

転入・編入に関する注意点

 

従前の高校から通信制高校へ転・編入する場合には、すでに取得した単位を移行できるか確認する必要があることは前述しましたが、他にも注意ポイントを挙げておきます。

 

一つ目は、転入・編入しようとする通信制高校が、単位制学年生かを確認することです。

 

従来、通信制高校は、卒業するまでに3年ではなく4年かかっていましたが、単位制(無学年制)の導入により、全日制同様3年間で卒業することができるようになっています。

 

また原則4年制の学校でも、定時制課程が併設されていて、その授業の単位を取得してスクーリングの単位に振り替えることで、3年間で卒業できる学校もあります。
もちろん、今でも公立校の一部には、通算で4年間かかる学校があるので注意が必要です。

 

二つ目は、異なる学科への転入・偏入(例えば、商業科から普通科への転入など)の場合の単位の認定についてです。

 

通信制高校の多くは普通科高校です。
もし、商業高校や工業高校などの専門学科高校から通信制高校(普通科)に転入・編入した場合、商業や工業の専門教科については、単位が認められず、認められない分は、普通科の教科で余分に穴埋めをしなければならない可能性があります。
その場合、通常は通算3年間で卒業できる学校でも卒業が遅れることがあります。

 

学校によっては、商業や工業の単位も認定するという学校もありますので、資料を取り寄せて調べるか、直接転・編入先の高校に問い合わせて確認する必要があります。

 

三つ目は、私立の通信制高校へ転入・編入をする場合ですが、キャンパスの運営が、サポート校や技能連携校(高等専修学校)ではないかどうかを確認してください。

 

私立の通信制になると、地方の学習センターやキャンパスがありますが、そのキャンパスをサポート校や技能連携校(高等専修学校)に運営を委託しているケースがあります。
このようなキャンパスでは、通信制高校だけでなく、サポート校や技能連携校への入学条件が付帯していて、その場合、学費が2校分かかってしまいます。

 

高額なところでは3年間で300万円程度かかることがあるため注意が必要です。

 

サポート校や技能連携校には、その学校がいかにも通信制高校のような誤解を与える宣伝をしているものがありますので、こちらも資料等でしっかりと確認してください。

 

⇒こちらから複数の通信制高校の資料を無料一括請求できます。大変便利なので、ぜひ活用してください。

 

全国にある個性豊かな通信制高校やサポート校、また高卒認定予備校の資料やパンフレットを一括で取寄せできます。
内容は、通信制高校のメリット入学から卒業までの流れサポート校の選び方など、入学前に気になる情報が満載です。

 

興味本位だって全然OK!
あとから電話などで勧誘を受ける心配は一切ありません!!

いつでも再スタートできます!

 

・今の学校じゃもの足りない・・・

 

・先生や友達とソリが合わない・・・

 

・勉強についていけない・・・

 

など、今通っている高校のことで悩んでいたり、すでに高校を辞めてしまっていても、今からだって再スタートは可能です!

 

 

さらに、、春だけでなく秋からも転入や編入を受け付けている学校はたくさんあります。

 

途中スタートはあなただけではありません。今から新しい高校生活をはじめましょう!!

 

まずは資料を請求して、あなたに合った学校を探してください。

 

 

 

日本全国の通信制高校を探そう!

↓↓↓無料一括資料請求はこちら↓↓↓